ネット発☆出会い講座 home
link
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会話を持続するメールの書き方
【本日の講座】~1回しか返事がこないあなたへ~

前回のファーストメール講座でようやく返信がもらえるようになって
きたら、次はどのくらいメール交換ができるかが出会いのミソになります。
だいたお出会い系で知り合った女の子と遊ぶ約束まで5-6回の交換は
必要だからです。
じゃーどのような会話で話を続けるとよいでしょうか。
以下のポイントをおさえながらメールをしてみてください。

【ポイント】

① まずは返事に対して「ありがとう」をいいましょう。

② 自分の話はほどほどにしましょう。

③ いきなり会うや、飲みや、住んでる場所など警戒されるような
  質問・要望はやめましょう。H系も慣れるまでは厳禁

④ 直アド・会う約束は相手から言わせましょう。

⑤ 文面の最後は必ず「?」疑問・質問系で締めましょう。



この5つのポイントをおさえながらメールしてみてください。
特に⑤は大事です。女の子は一度に複数の男性とメール交換してます。
そんな中、新しい話題を考えてメールを送るのは面倒だと感じて
しまいます。
最後が疑問系だと、その返答からメール文をかけるので、返事が
しやすくなります。また返信の時間も短縮されるので、会話が
弾んでいるような錯覚をおこさせることになり、会ってみたいと
思わせることになるんですね♪

皆さんも是非上記5か条を頭にいれて挑戦してみて下さい。
本日の講義はこれまでです。


スポンサーサイト
ファーストメールのタイトル
【本日の講義】━ ファーストメールで返信率を高くするには? ━

人と接する際に第一印象で全てが決まるとよく言われます。
これはメールでの出会いを考えている際にも、当然あてはまります。
では、数限りなくいるライバル達を出し抜き返信率を高くする
ファーストメールとはいったいどういったものなのか。

第一印象を決めるファーストメールでのキーポイントはやっぱり
一番最初に目が行くところ「タイトル」です。
ここで、失敗してしまうとせっかく時間をかけて書いたメールが
女の子の目にもふれずゴミ箱に捨てられてしまいます。

なぜ?

想像してみてください。女性の受信BOXには男性のそれとは違い
ひとたび登録するとあれよあれよと受信されていきます。
そんな中、あ。このメール読んでみようってなるのは必ず目を
ひいているからです。

では、下記からあなたならどんなメールに目を惹きますか?

【受信BOXイメージ】
ファーストメール



明らかに「はじめまして」「こんにちは」では目を惹かないのが
わかりますね。みんな文章は読まれるのとばかり思い込み内容に
力を入れてしまうんですね。だからタイトルにはいわゆる「挨拶」を
簡単にいれてしまう。
上記のような受信BOXだったらそりゃ返って来ませんね。
おさえておきたいポイントとしては、続きの文章が読みたくなる件名
相手のプロフィールなどに合わせた内容の件名をいれるのが返信率UPのコツです。
Powered by . / Template by sukechan.
SEO対策:サクラ SEO対策:恋愛 ネット発☆出会い講座 出会い講座 サクラ撲滅
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。